勃起不全の原因と弱年齢化

勃起不全で悩んでいる方が非常に多いようです。
少子高齢化社会になってED治療薬の販売数が大いに伸びたと思いがちですが、最近は若年層にも勃起不全の方が増えている統計が出ています。
社会での不満やストレスが原因とも考えられており、うつ病との因果関係も指摘されております。
そもそも何故?勃起不全になってしまうかの前に勃起の仕組みから説明してみたいと思います。
勃起とは、子孫を残すために性行為前にペニスが膨張して準備体制に入る行為です。
なぜ膨張するのかというと性的な興奮状態になる事で、血流がペニスに多く流入する事による膨張で固く勃起します。
噂ではペニスが筋肉で出来ているなど言われておりますが、こちらは間違いです。
勃起不全とは、勃起の達成が出来ない事や性行為中に勃起が治まってしまう事を言います。
勃起が治まってしまうと性行為を継続する事が出来ません。
俗にいうインポ状態です。
男性としてはペニスの大きさや勃起の角度など、ある意味男性の象徴的な部分であるため残念でなりません。
年齢を感じる日々の自然環境にも朝立ちと呼ばれる勃起行為がありますが、多くの方は30歳前後で終焉を迎えます。
こうした勃起全般の達成が出来ない大きな原因は精神的・肉体的な要因に分かれます。
肉体的な要因の中でも血液の流入に問題がある方が服用する薬がED治療薬という訳です。
加齢により性的神経が鈍感となり血流を妨げる酵素が主な原因と言われています。
他にも生活習慣病(コレステロール・タバコ・アルコール)などが原因となる勃起不全は、血糖値が血管を詰まらせる事で血流を弱め、神経障害を起こすのです。
若年層に多い精神的要因で勃起不全に陥るケースは、過去に性的虐待や女性経験による恥、仕事のストレスなどが原因とされており、多くはうつ病など精神病との兼ね合いも多い傾向にあります。
こちらは精神病の一種でED治療薬のみでは解決しないため現代社会の大きな問題となってます。
女性の更年期障害も弱年齢化が進んでおり、今後の日本社会に大きな不安が残ります。